肉削ぎ村 1巻ネタバレと感想「失踪した兄が殺人鬼!?その真相は…」

 

こんにちわ^^エミコです♪

最近ホラー漫画を読むのにハマっていて「肉削ぎ村」って漫画を読みました。

樹海にあると噂されている都市伝説の幻の村を探してそこで殺人鬼に襲われるグロテスクな内容の漫画なんだけど、内容が本当にグロい

手は引きちぎられるわ血がドバドバ出るわで読んでいて気持ち悪くなる漫画です

でも、ストーリーが面白いので読んじゃうんですけどね^^

この記事では、「肉削ぎ村」1巻のネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

まんが王国で、肉そぎ村1巻の無料試し読みができちゃうから読んでみてね♪

 

>>【まんが王国】<<
※サイト内で「にくそぎむら」で検索してね

 

 

肉削ぎ村1巻のネタバレ

10年前に失踪した兄(夏目洋)から届いた手紙を読んで樹海にあると言われている幻の洞窟(火穴)を探しその先に存在すると言われている村を目指し1人樹海にきた弟の竜

洞窟を探している途中で高校生の心霊研究会の愛衣と出会い2人で洞窟発見してしまう!

その洞窟を抜けると幻の村である「肉削ぎ村」があった

事前に調べたネット情報では、自殺者が暮らす村との噂があったが実際に見てみると、そこはどこか何処にでもある山に囲まれた田舎の村って感じ

その村で、竜は10年前に失踪した兄の洋と再会するが、彼は自分の名前は秋月和樹とかたくなに言い張る

そして、秋月が去り際に

竜、早くこの村から出ていけ

と言い残し立ち去る。

竜はこの時、秋月が兄の洋だと確信して一緒に帰るために愛衣と肉削ぎ村に留まることにしたんだけど、村人の様子がおかしいことに気が付く

夜になに周りに真っ黒な霧が出始めた時に事件は起こった!!

ナタを手にしたゾンビが竜たちに襲いかかってくる

そんな時に、家の中で竜たちの様子をうかがっていた人物が竜と愛衣を家にかくまってくれる

その人物は、木村と名乗り兄の夏目洋のことも知っていた

そして木村は洋はこの村の裏切り者だ!と言いだす

いったい兄が何をしたのかと言うのか?村の裏切り者とはいったいどう言う意味なのか?

そして、ナタで襲ってきた人物の正体や目的はいったい何なのか?

その答えは「肉削ぎ村」1巻でだんだん明らかになりますよ^^

 

 

漫画「肉削ぎ村」1巻を読んでみた感想

漫画の感想

「肉削ぎ村」は1巻から人の顔の皮膚がそぎ落とされるシーンからはじまっていてこれは期待できる面白くて怖そうな漫画です!!

しかも、後でもう一度読み返してみて解ったんだけど、はじめに襲われている人って実はあの人だったんです!

ここではネタバレしないけど肉削ぎ村1巻を一回読んでもう一度始めのページだけでも読むと

 

あ、この人は!?

 

ってなりますよ♪

この漫画を読んでて思いだしたのが、去年くらいに何かの番組で樹海の中にある村ってのがテレビで放送されていたことを思い出しちゃった

その村は肉削ぎ村のようなグロテスクな閉鎖された村じゃなくてただ樹海の中にポツンと取り残された感じの村で民宿や喫茶店なんかがあったりする村だったんだけどね^^

ちなみに、「肉削ぎ村」1巻は期間限定だけどまんが王国で無料で読めますよ^^

 

⇒ まんが王国

※まんが王国のサイト内で「にくそぎむら」で検索したら、すぐ無料で読むことが出来ますよ

面白くてグロい漫画なので無料期間中に読んでみてくださいね^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です